文学部教育学科

内面の成長と、英知の伝達。生涯にわたる豊かな人間形成のあり方を探求します。

学科の特徴

総合人間学としての教育学
あなたは教育学という言葉に何を連想しますか。教師になるために必要な知識体系でしょうか。それとも、教育活動を対象とした学問研究でしょうか。よく分からないという人もいるでしょう。教育学を勉強しても教師にならない人がいると聞けば、もっとわけが分からなくなるかもしれません。実は、教育学とは、日々成長し変化し続ける人間を、多角的に分析検討する総合人間学なのです。あなたがこれまで成長してきた過程を振り返ってみれば、そこには実に多くの要素があったことが思い出されるはずです。本学科が文学部の1学科として、キリスト教学、文学、史学などの人間研究の諸学科と並んであるのはそのためなのです。本学科は、文学部教育学科として、総合人間学としての教育学の性格を十分に生かせる強みをもっています。
人間科学者としての教育学者
その強みを具体的に述べれば、文学部基幹科目や他学科専門科目の履修が可能であることはもとより、学科の壁を越えて文学部教員が共同して授業を展開し、多様な学科の学生が一体となって学ぶことができるカリキュラムが用意されているといったことにありますが、ここには、教育学を総合人間学として捉えようとする私たちの姿勢が表れています。本学科教員は、教育哲学、教育心理学、教育社会学、教育史、教育方法学、教育思想、比較教育学、社会教育、音楽教育、国語教育などを専門としていますが、同時に、広い意味での人間科学者でもあるのです。
カリキュラムの特色 理論と実践との相互交流
このような幅広くしかも深い人間観察に基づく教育観が、教育研究の運動体としての学科のまとまりを支え、本学科の教育研究の性格を特徴づけています。そうした特徴は、1年次の「入門演習」、3年次の「演習」という正課の必修ゼミナールにはじまり、各ゼミ主催の夏合宿などの正課外活動への教員の参加といった、学生と教員との旺盛な相互交流にも表れています。人間とは何か、成長とは何か、学校とは何か、現代の教育問題はなぜ起こるのかといった多様なテーマをめぐって、教員と学生とが一緒になって、徹底的に討議し追究しています。その上で教育学科のカリキュラムは、教育哲学、教育心理学、教育社会学などの理論的分野の基礎の上に、教育方法の原理や歴史、学校教育および社会教育における教育方法、各教科の教育方法など、広い意味での「教育方法」に重点を置いています。このことは本学科が具体的人間に触れる教育実践を重視していることを意味しています。それゆえに学外活動の研究などを単位として認める「教育実践研究」という科目などをおき、学生と社会のつながりを大切にしています。
教育学専攻と初等教育専攻
3年次になると、各自の希望をもとに、教育学専攻課程と初等教育専攻課程に分かれ、共通部分を持ちながらもそれぞれの専門の学習を深めていきます。
教育学専攻課程では、総合人間学の観点から教育に関する思考を深めていくことになります。地方公共団体などの教育・福祉部門、教育産業やマスコミをはじめとする一般企業などで活躍できる人物の育成が目指されています。また、中学・高等学校教諭(社会・公民)1種免許状が取得できるほか、図書館司書、博物館学芸員、社会教育主事、司書教諭の資格をとる道も開かれています。
初等教育専攻課程では、教育について広い視野に立つしなやかな感性と深い人間理解に基づく鋭い見識を兼ね備えた小学校教師の養成が主たる目標になっています。そのために、教育学専攻課程と共通の科目に加えて、各教科教育法、教育実習などの教職専門科目が盛り込まれており、課程修了者は小学校教諭1種免許状が取得できます。また教育学専攻課程と同様、図書館司書、博物館学芸員、社会教育主事、司書教諭の資格取得の道もあります。
教育学科の卒業生は、地方公共団体、社会教育施設、一般企業、マスコミなどで活躍するほか、多くが小学校や中学・高校の教壇に立ち、教育の現場で重責を担っています。

卒業生からのメッセージ

横浜市立戸部小学校 教諭 土田 大貴さん 2014年度 教育学科初等教育専攻卒業

高校生の時、小学校の教員になるという目標をもち、オープンキャンパスで訪れた立教の雰囲気を肌で感じ、「ここで学びたい!」と思いました。現在、2校目の戸部小学校で勤務しています。校内で生活科・総合的な学習の時間の研究に励みながら、個人としては体育のボール運動領域の研究会に参加し、授業力向上を目指しています。

今のわたしを作る、この一冊。
教師が悩み、苦しみ、どうやったら子どもにとって一番よい教育なのかと話し合われていたことは、今も昔も変わらないということに気付かされます。
村を育てる学力 東井 義雄 著
明治図書 /1957年5月

教員からひとこと

伊藤 実歩子教授 [研究テーマ:教育方法学 教育評価論 ドイツ語圏の教育改革]

私の専門は教育方法学です。教育を受けたことのある人は誰でも教育の理想を語ることはできます。ただし、それを具体化する方法を持っていなければ、教育という営みは実現しません。教育方法学は、教育の理論と実践を同じ地平で探究する学問です。教育学科では、教育学専攻と初等教育専攻が共に学ぶことを大事にしています。ゼミでは両専攻がともに議論をすることでそれぞれの専門の理解を深められます。既存の知識を唯一のものとせず、自分で知識を探求し、異なる他者と協同して学び、新しい知識群を、そして教育を創造したいと思う学生を教育学科は求めています。

今のわたしを作る、この一冊。
ドイツの文化や学校、教育に興味を持った最初の本。子どもの時から何度も読んでいます。日本の教育を知るためには、他の国の文化や教育にも関心を持つ必要があると考えています。
飛ぶ教室 エーリッヒ・ケストナー 著 高橋 健二 訳
岩波書店/2006年10月発行

関連情報