文学部文学科文芸・思想専修

創作への挑戦、思想と哲学へのジャンプ。

専修の特徴

横断的な学びへのいざない
「文芸」と「思想」ということばは 聞いたことがあるけれど、「文芸・思想」という名称は聞いたことがない。創作や批評の実践を志す「文芸」と、生きることの意味や存在の根源について思索する「思想」を「・」でつないで、まるで連続するひとつの学問領域のように扱っている「文芸・思想専修」とは、いったいぜんたい何を学ぶところなのか?そう疑問におもう人が多いのではないでしょうか。
まさにその疑問を内側から壊していくところに、この専修の特徴があるのです。「文芸」といい、「思想」といい、まったく別物のように考えられがちだけれど、はたして「文芸」といわれる実践には、哲学的な思索の営為は入ってこないのでしょうか。むしろ、存在することの意味や、作品を成立させている言語それ自体の働きこそが、「文芸」の根幹をなしているのではないでしょうか。
また、「思想」と呼ばれる領域は、ほんとうに「文芸」とは無関係でしょうか。神話や詩歌、小説を素材にしたり、媒介にして、哲学的思索を深めていない哲学者など、いないのではないでしょうか。とすれば、「文芸」的世界は、「思想」にとっての母胎なのではないでしょうか。
「文芸」と「思想」を横断しながら、思索の羽を自由にはばたかせ、古典から現代にいたるさまざまな思想を学び、同時に自分のことばで書き、ひとに伝えるすべを磨きあげる。それが、この専修で目指されている学びのかたちなのです。
徹底した少人数教育で切磋琢磨します
1年次の入門演習から3~4年次の専門演習まで、多彩な演習科目が用意されています。
1年次の入門演習では、これまで触れたことのないような哲学作品や戯曲、現代小説など、多様な作品を濫読して、演習メンバーで相互に批評しあいます。
2年次演習は、厳選された基礎文献をじっくり分析するかたちでの本格的な「読む」訓練をおこないます。専門的な3~4年次演習では、幅広い関心領域をカバーする演習が展開されています。たとえば、詩や小説の創作実践をおこなう演習や、文芸誌に掲載されたばかりの一番ホットな文芸作品を批評する演習、わたしたちの日常生活に生かされる哲学的な思考方法を身につける演習、東洋の思想世界がたたえている深さを柔軟に取り入れる学びをすすめる演習などです。
充実した講義科目で考え方の幅を広げます
少人数の演習では、発表を通じてプレゼンテーション能力を高めたり、議論をとおして他のさまざまな考え方に触れたりしながら、読解や思索を深めていきます。そして講義科目では、触れたことのない考え方や、思いがけない世界のヴィジョンを学ぶことによって、ものの見方や考え方や関心の幅を大きく広げることができます。
「文芸・思想専修」の最大の特徴である領域横断性が、ここにもはっきりと出ています。
サブカルチャーがもっているとてつもない深さを探査する講義や、わたしたちの感性を根底から変えてきた広告の社会的役割を考える講義、視覚メディアと文学作品を比較検討する講義、詩を支えている「論理」をあぶりだしていく講義、生活の細部に宿るジェンダーを通じて人間の多様性を探る講義などは、そのほんの一例にすぎません。
多様で自由な考え方を学ぶ講義で横に幅を広げ、実践的で切磋琢磨する演習で縦方向に思索や実践を深めていく。その絶えざる往復が、文芸・思想専修での学びを支えているのです。
深く自分の存在に根ざした思考に基づく表現者へ
このように、文芸・思想専修では、幅広く多くの書物を読み、その内容について徹底的に考え、それを文学部の他学科・他専修の授業や、全学共通の授業、それに、学内外での生活経験の中に位置づけて生きて実践します。こうした経験に基づき、人々に向けて多様な媒体を通して自分を表現できる人になることを目指します。横断的学びは、刺激とスリルに満ちています。それを経験することこそが、あなたを生き生きとした表現者にするのです。

在学生からのメッセージ

文学科文芸・思想専修4年次 坂東 遼太郎さん 埼玉県栄東高等学校出身

史実をあるがまま残すために自分ができることを考える
さまざまな思想やジャンルに触れる機会が多く、その中で意欲的に突き詰めたい研究を探してきました。今ではホロコーストや南京大虐殺など、世の中の変遷の中で歪められてしまう歴史を、あるがままに後世に伝えられる教師になりたいと考えています。史実という表象できないものを通して、事実との向き合い方を学びました。

今のわたしを作る、この一冊。
ブッダの教えを詩節の形で伝えた仏教の経典です。2,500年も昔の言葉が今を生きる私達に新しく響き、生き方や言葉の偉大さを教えてくれます。
法句経 友松 圓諦 著
講談社学術文庫/1985年3月発行

卒業生からのメッセージ

株式会社小学館 勤務 島﨑 まりんさん 2016年度 文学科文芸・思想専修卒業

現代小説についての授業があったので、この専修を選びました。出版社に就職したのも文章に関わる仕事がしたかったため。配属された制作局はコスト管理や印刷・製本のスケジュール管理が主な仕事。本ができるまでの一連の流れを知ることができる部署です。今の仕事は、いずれ自分が文芸編集者として本を作る時にも、大いに役立つと思っています。

今のわたしを作る、この一冊。
「一冊の本をめぐる物語」であることにまず惹かれました。生きることに誠実で、凛とした主人公が大好き。グリーンさんと仕事をすることが目標です。
さよならを待つふたりのために ジョン・グリーン 著
岩波書店/2013年7月発行

教員からひとこと

菅野 聡美教授 [研究テーマ:日本政治思想]

私は日本政治思想研究者ですが、研究テーマを〇〇と一言でいうのはとても難しいです。一貫しているのは「正当な」学問とみなされない事柄、忘れさられた人や物、境界領域に光をあてることです。恋愛、変態、沖縄と、常に政治・文化・文芸が交差するテーマを扱ってきました。文芸・思想専修の魅力は、分野横断的な学問ができることにつきます。実際、様々な趣味・関心をもつ学生にあふれています。どんなテーマでもやり方次第でアカデミックな研究になる、が私の持論で、学生にもそう指導しています。スリリングな知的体験をしたい人を歓迎します。

今のわたしを作る、この一冊。
小説以外でのめりこんだ初の著書です。執筆という作業に全く興味のなかった私が、調べて読んで書くことに目覚めました。当時は自分が本を出すなんて考えてもみませんでしたが。
殉教の美学 磯田 光一 著
冬樹社/ 1969年発行

関連情報