文学部の国際交流学部紹介

「一度は留学してみたい」‐入学前、そんな風に思う人も多いのではないでしょうか。感受性豊かな学生時代に言語や文化、なによりも人の風情を、景観の異なる海外で体感することは、みなさんの人生にとって貴重な経験となるでしょう。立教大学では1週間程度のものから1年程度にわたる長期のものまで、語学力や目的に応じた多種多様な海外プログラムを実施しています。

文学部独自のプログラムとしては、学部間協定を締結している海外の5つの大学(フランクフルト大学、ケルン大学、エアランゲン・ニュルンベルク大学、インスブルック大学、ハワイ大学ヒロ校)への長期派遣留学を実施しています。また、全学科・専修共通の基幹科目において「海外フィールドスタディ(EAP、ASD、SLV)」、及び「ケンブリッジ・サマープログラム」という2週間から4週間の海外渡航を伴う科目を設置しています。なお、文学科ドイツ文学専修では「ドイツ文学・文化演習4(日独比較文化タンデム)」という科目も設置しています。立教大学文学部が提供する多彩な海外での学びの機会を、是非最大限に活用してください。

文学部の学部間協定校

フランクフルト大学(ドイツ)

ケルン大学(ドイツ)

エアランゲン・ニュルンベルク大学(ドイツ)

インスブルック大学(オーストリア)

ハワイ大学ヒロ校(アメリカ)※ハワイ大学ヒロ校への派遣留学対象は文学科英米文学専修のみ。

ケンブリッジ大学(イギリス)※ケンブリッジ大学へは「ケンブリッジ・サマープログラム」(短期派遣)のみ

研修プログラム 研修先 期間 研修内容

海外フィールド
スタディ

1.海外EAP オックスフォード大学
ハートフォードカレッジ
(イギリス)
3週間 英語教育機関「Advanced English and British Culture Programme」が運営する3週間のプログラムに参加し、英語を通してイギリス文化や歴史を複数の視点から学び、現代イギリス社会を体験します。
2.海外ASD テュービンゲン大学
(ドイツ)
4週間 国際サマーコースに参加し、言語運用能力、コミュニケーションスキルを高め、異文化理解を深めます。
3.海外SLV フランス語学校
カヴィラム
(フランス)
3週間 レベルに応じたクラス別授業と興味や目的に応じたテーマ別授業を通じて、フランス語を効果的に習得します。
ケンブリッジ・サマープログラム ケンブリッジ大学
エマニュエルカレッジ
(イギリス)
約2週間 講義、個人指導に基づく独立学習、セミナー、グループワークからなるケンブリッジ方式の授業を体験します。
ドイツ文学・文化演習4
(日独比較文化タンデム)
ルール大学
ボーフム外国語教育研究所
(ドイツ)
2週間 タンデム方式(母語を異にする者同志が学び合う)の外国語学習法を用いてドイツ語運用能力を高めます。

在学生からのメッセージ

様々な文化や背景をもつ人たちと理解し合えるようさらに学びを深めていきたい。

文学部文学科 英米文学専修 3年次 須藤 風音さん(神奈川県 神奈川学園 高等学校出身)
2021年秋学期、ハワイ大学ヒロ校に留学


多文化に興味があり、その中でも英語圏の文化に一番興味があったということ、そして留学制度が充実している大学に行きたいと考えていたため、立教大学の文学部を受験しました。ハワイ大学ヒロ校を選んだのは、様々な地域の文化の混ざるハワイで、本土とは異なる環境の中で勉強してみたいと思ったからです。現在留学している最中で、実際に何か大きな変化を感じている、というよりは日々しなければならないことに追われながら過ごしていますが、様々な問題もありながら自分で解決するだけではなく周りの人に支えられていることを実感しています。また様々な背景を持つ友人と出会い、その友人たちと英語という共通言語で繋がることができていることから、英語でコミュニケーションを取ることの大切さも感じています。今後は更に様々な文化、背景を持つ人たちと互いに理解し合い、繋がることができるように残りの大学での学びを深めたいと思っています。

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。